はじめての滝行体験を楽しむコツ 心構えと注意点 東京都檜原村

笑子(えみこ)です。

滝行というのは、滝に入って行う修行

神道などの修行方法の一つとして行われますが、
最近では、夏の暑い日に涼を得るために滝行を行う場合も多いそうです。

かく言う私も、やるなら夏だなと(笑)

猛暑の8月に東京都檜原村にて、チャレンジしてきました!

はじめての滝行に至るまでの経緯と、実際にやってみてのレポを書いていきますね^^

【滝行をしようと思ったきっかけ】

穢れ(けがれ)を清める、祈願、修行などの意味合いが強い滝行ですが、

今の時代は、

・ストレスを解消したい
・チャレンジしたい
・自分と向き合いたい
・非日常を味わいたい
・変わりたい

などのような、誰もが持っていそうな動機が多いようです。

わたし自身は、はじめての体験ができるワクワク感と、どんなものなのかという期待感がありました。

滝行自体もチャレンジでしたが、
これまで自分で何かを企画して人を誘うことをしたことがなかったので
勇気をだしてそれもやってみようと思い、ダブルのチャレンジをしました^^

そもそものきっかけは、昨年末に受けたセミナーで、

「2018年は浄化がキーワードの年だから滝行がおすすめ」と聞いて興味を持ちました。

(なんのセミナーだよ!と思われるかもしれませんが、直接滝行と関係ないので省きますw)

数日後、ふとテレビを見ていると、

「今、滝行がブーム!」と

タイミングよく滝行特集をやっていたんです。

しかも、紹介されていたのが東京都檜原村という場所で、埼玉在住のわたしにはうってつけの情報でした。

「これは、行けということだな」

そう思ったわたしは「来年(2018年)必ず滝行に行くぞ」と決心しました。

あまり深く考えることなく直感で決めたのですが、それが良かったなと。

こういうのは勢いも大切ですから(笑)

ただ、根底にあるのは「修行」という要素

神社にお参りをして神様へのご挨拶も済ませてから、真剣に取り組むのが筋

遊び半分な気持ちだけで行くと痛い目に合うかもしれませんので、ご注意を!

【東京都檜原村~九頭龍の滝・龍神の滝~】

わたしが滝行を体験したのは、東京都の西多摩郡にある九頭龍の滝

JR武蔵五日市駅から檜原村数馬というところまでバスで行きましたが
夏場はハイキングや観光客が多いため、増発便が出るほどの行列でした。

8月のはじめに行きましたが、猛暑の真夏とは思えないほど山の空気は気持ちが良くて
特に滝が見えるあたりを歩くと、涼しい風が爽やかでした。

滝行の場所までの道は想像以上に険しく、
濡れるのでビーチサンダルに履き替えて行かれた方もいらっしゃいましたが、

わたしは敢えてスニーカーで行きました(滝行は裸足で行います)。

濡れた岩場は滑りやすいですし、落ち葉や枝などもたくさんあったので、
個人的にはスニーカーで正解と思いましたね。

【滝行をするにあたり準備したもの】

・お賽銭(九頭龍神社お参り)
・滝行参加費の5500円(女性用の行衣レンタル、洗濯代込み)
・バスタオル
・行衣の下に着るもの

檜原村の滝行では白い行衣をお借りできるのですが、

女性は透けないように下にTシャツとスパッツを着用するか、水着でも大丈夫とのことでした。

わたしは、黒のユニクロのブラトップと黒いハーフスパッツで参加しました。

更衣室などはないため事前に着用していき、終わったら着替えるという流れです。

ちなみに、着替える場所は駐車場

自分の車で行った場合は車中で着替えられますね。

わたしたちはバスで行ったので、
案内してくださった方の車の後ろに隠れるようにして着替えさせてもらいました。

海水浴で使う巻きタオルがあると便利かと思います。
(わたしは普通のバスタオルを使用しました)

山道ですし、車はほとんど通らないので心配ないです^^

【舐めたらあかん、命がけの滝行】

ワクワク感と期待感でやると決めたわたしでしたが、いざ滝を目にすると恐怖がよぎりました。

「無事にできるだろうか、ちょっと怖いかも、、、」

ドドドーーーーっと流れる滝は圧巻の光景で、素晴らしく美しかったのですが、

見るのはいいのだけど、これからここに入ると思うと何とも言えない「ざわざわ」が押し寄せました。

冷たい水の中に入るので、事前に身体を温めるために体操をしてから、

滝に打たれる前にまず滝つぼに肩までつかり、大祓の祝詞を唱えて頂く間は合掌して待ちます。

「心臓止まるかと思った」と言っていた人もいるくらい、冗談抜きでめちゃくちゃ冷たかったです。

ガクガクブルブルが止まらないくらい、とにかく寒かったですが、

合掌した手のひらが暖かくて生命のエネルギーを感じました。

滝の中に入るまでの足場も、狭かったり滑るところもあったり、滝の前を渡ってから中に入るのも一苦労でしたね。

メインの滝にうたれた後に下側の小さな滝にうたれる、この流れを2セット行い、合計4回滝に打たれました。

4回やっても「慣れる」というのはなく、毎回が命がけ!

周りは岩場ですし、気を抜けば怪我をしてもおかしくない状況

その日の滝の水量は多かったらしく、勢いがすごすぎて初心者には強烈でした。

それでも、その日の参加者19名(内、男性おひとり)やり遂げたのは素晴らしかったです。

みなさんの覚悟とエネルギーの高さに感動しました^^

【気になる滝行の効果は】

滝に打たれたから何かが変わるかというと、それ自体にはあまり効果はないように思います。

では何が良かったかというと、

滝に向かう時間に価値があるということ

頭の先からつま先まで集中して、自分の身体と向き合いながら挑んだ滝行

こんなに貴重な時間は、今まで経験したことがありませんでした。

日頃わたしたちは「自分のことだけに集中する」時間をどれだけ持てているでしょうか。

自分だけの時間はあるかもしれません。

例えば、読書をしたりゲームをしたり、好きなことをする時間

ですが、純粋に「自分のことだけに集中する」時間というのは意外に持てていません。

「自分のことだけに集中する」時間は

・現状の豊かさに気づくことができる
・自然と感謝の気持ちが湧いてくる
・日々を丁寧に過ごそうと思える
・生命の奇跡を感じられる
・身も心も清められる

このような、たくさんのギフトを与えてくれました^^

非日常を味わうというのは、本当に価値あることです。

滝行をきっかけに、自分の身体と向き合うことも意識するようになりました。

もし、滝行にチャレンジしてみようと思われたなら、その直感に従うことをオススメします。

ひとつでも多くの初体験をして、人生を豊かにしていきましょう^^

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

40代女性がより良い人生を送るために必要な意識の方向と選択力とは

笑子(えみこ)です。

「40代って、もっと大人だと思っていた」

これは自分も含めて、同年代の多くが感じていることのようです。

20代の延長で30代になり、そのまた延長で40代に突入

20代の頃「40代ってかなり大人なんだろうな」とイメージしていたけれど
実際に40代になると、そうでもない現実、、、

そんな、ある意味微妙な40代を、これからどう過ごすか

40代女性がより良い人生を送るために必要な意識の方向と選択力とは

【40代女性は悩みの宝庫】

40代女性は悩みの宝庫と言われるように、私自身も数々の実感があります。

例えば

・すぐに疲れてしまう、疲れがとれにくい
・思った以上に動けない
・太りやすく痩せにくい
・顔や身体のたるみ
・女性ホルモン系のトラブル

これらの身体面の悩みは、おそらく大半の女性が実感していることと思います。

また、精神面では

・夫婦間の問題
・親子の問題
・会社の人間関係
・恋愛の悩み

など、40代特有の悩みではないにしても、40代の今だからこその悩みもあるようなんですね。

その原因のひとつに、

40代になると、骨や血管を守ってくれるホルモンが激減すると言われます。

エストロゲンという女性らしさを作るホルモン

これが減ってしまうことで、肌トラブルや体調の乱れを引き起こすのです。

これらの悩みに対して、以下のようなふたつの選択肢があるとします。

・年齢のせいだから仕方ないと諦めてしまう
・どうすれば改善できるか考えて行動する

諦めて開き直るのも、人生を楽しくする一つの手かもしれませんが、より良いものにするのとはちょっと違うんです。
実は40代は、まだまだ若いうちなので、年齢を理由に諦めるのは早すぎるということも言えます。

【40代は人生の折り返し地点、意識の方向が大切】

40代はまだまだ若い?10代20代からしたらあり得ないと思うでしょうね(苦笑)

100歳まで生きる時代と言われる今、女性の平均寿命は87.26歳

まさに40代は人生の折り返し地点

人生の折り返し地点のこの時期は「自分探し・人生の転換期」と言われ、
「自分とは?」「なんのために生きているのか」など
自分自身と向き合うタイミングが訪れる時期でもあります。

ホルモンの関係もあって体調や精神面にも影響がある上に
そのような大きな変化があるときだからこそ大切にしたいのが

自分の意識の方向

ここでの意識の方向が、その後の人生を変えるものになるのでとても重要なんです。

その意識の方向というのを、先程の選択肢にあてはめて

・年齢のせいだから仕方ないと諦めてしまうAさん

・どうすれば改善できるか考えて行動するBさん

と設定してみます。

ふたりの意識には違いがあります。

Aさん「もう自分は歳も歳だし、今さら何をしても無駄」

Bさん「まだまだ自分は若い、これからいくらでも変われる」

Aさんは、未来を小さく捉えた後ろ向きな意識の持ち主

Bさんは、未来を大きく捉えた前向きな意識の持ち主

というのが分かると思います。

未来を小さく捉えると、狭い世界で生きることになり変化も少ないけれど
未来を大きく捉えると、可能性が拡がってどんどん変化できる人になれる

Bさんのような意識で前向きなエネルギーを放つと、本当に若々しくいることができるので、意識するって大切なんですよ。
逆に言えば、意識しさえすれば、若くいられるということです。

折り返し地点にたっている今、「どちらか一方」を選択するとしたら、わたしはBさんの生き方を選びますね。

だって、実年齢よりも若く見られるってだけで、めちゃくちゃ嬉しいですもん^^

【あらゆる選択を繰り返して、今の状態があるということ】

生まれてからこれまで、わたしたちは無意識レベルで「どちらか一方」を選択しています。

例えば、

ハンバーグを食べる「選択」
志望校に進学する「選択」
社会人として働く「選択」

ここで言う無意識レベルの選択とは、「ハンバーグ」という部分の選択ではなくて、
「食べる」という選択を意味します。

食べても食べなくてもいいのだけど、「食べる」方を選択
進学してもしなくてもいいのだけど、「進学する」方を選択
働いても働かなくてもいいのだけど、「働く」方を選択

自分の中で当たり前だと思っていること

それらでさえ、選択しているということです。

あらゆる選択を繰り返して、今の状態があるということ

全ての事を、自ら選択してきたということを知って認めることが、とても大切です。

そうすると、今ここで
これからの人生をより良いものに「変える」方を、意識的に選択するということが大切だということがわかります。

【やり残していることがあるなら、40代がベストタイミング】

40代は若いと言っても、年齢の分だけいろいろな経験を積んできたのは事実

それはキャリアウーマンであっても、専業主婦であっても同じです。

この時期に「自分とは?」「なんのために生きているのか」という壁にぶち当たるのは、
それこそベストなタイミング

人生の半分かけてきた経験をフル活用して乗り越えることができるからこそ、訪れる壁と言っていいと思います。

今、やり残していることがあるならチャンスですよ!

これからの人生をより良いものにするには、今、やり残していることをコツコツやっていけばいいのです。

そうすれば、「自分とは?」「なんのために生きているのか」のコタエも見えてくるし、次の目標も見つかるかもしれません。

すると、50代以降の未来もさらにより良いものになるのは言うまでもありませんね。

わたしたち40代の未来は「今さら」ではなく「今から」!

人生の折り返し地点にいる今、意識の方向を変え、これからの人生をより良いものに変えていく選択力を身につけて、最高の40代を過ごしましょうね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「うまくいく人」がやっているエネルギーの使い方

笑子(えみこ)です。

人生の場面において
『うまくいく人』
『うまくいかない人』

このふたつに
はっきり分かれると言われる今の時代

そんな今の時代
どちらかを選べと言われたら

『うまくいく人』の側で生きたい

そう思いませんか?

では、両者は何が違うのでしょうか。

ひとつには

「うまくいく人」は
エネルギーの使い方を知っている
ということです。

「うまくいく人」は
単なる「ポジティブ思考な人」ではなくて

エネルギーの使い方が上手な人

「うまくいく人」も
時にはうまくいかなくて
ネガティブ思考になることがあります。

ただ、そのネガティブなエネルギーを
引きずることをしません。

どうするかというと

ネガティブを味わいきって手放します。

ここで間違ってはいけないのが

ネガティブ思考のまんま
無理矢理ポジティブ思考に変えようとする

ということではありません。
(テンションをあげる、というのも違います)

ポジティブにしてる「つもり」

ポジティブでいることが「しんどい」

自分がポジティブなのかネガティブなのか
「わからない」

こんな状態になってしまうと
結局「うまくいかない人」になってしまいます。

なので

ネガティブを味わいきってから手放す

ということが、すごく大切なんです。

味わいきるというのは

「ああ、わたしって
こんなことに反応するんだな」

「こういう気持ちになるんだなぁ」って

自分の感情と向き合って
心で感じきること

その瞬間の自分のエネルギーを見つめて

泣きたければ泣けばいいし
怒りたければ怒ればいい

自分の心に素直に行動する

そうすると
自然にエネルギーが切り替わるのです。

エネルギーの切り換えという点では

自分が心地よいと思うことをやる

というのが簡単な方法です。

ボーっとする
コーヒーを飲む
お風呂に入る
好きな音楽を聴く
好きな香りを楽しむ
ドライブをする
本を読む

「うまくいかないな~」
と感じるときは

エネルギーがズレてしまっているので

自分がリラックスできることをやると
ズレたエネルギーが「真ん中」に戻るんですね。

ネガティブに偏ってズレることもあれば
ポジティブに偏ってズレることもあります。

ポジティブに偏りすぎると
妙に空回りしちゃったりしますよね。

こんな風に

「うまくいく人」は
エネルギーを上手に使っているのです。

今、この瞬間から
エネルギーの使い方を変えることができます。

ということは
今、この瞬間から
「うまくいく人」になれるということです。

「うまくいく人」がひとりでも多く増えて
みんなが生きやすさを感じられる世の中が理想ですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました^^