自分らしい生き方がわからない、はづき数秘術で人生を自ら創る生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑子(えみこ)です。

わたしが「数秘術」を知ったのは、今から約10年前でした。

「数時間の講座で自分の本質を知ることができて、面白いなぁ、でも、わたしにはちょっと難しいかも」と思った記憶があります。

それから約7年後
「はづき数秘術」に出会いました。

10年前に学んだ「数秘術」よりも、シンプルでわかりやすくて、スーッと自分の中に入ってくる感覚に、一気に虜になったんです。

わたしは「はづき数秘術」に出会ってから人生が変わりました。

そして、今も変わり続けている感覚です。

それまでのわたしは

毎日が平凡で、同じことの繰り返し

ずっとこれが続くのか
本当にそれでいいのか

「幸せだけどなぜかモヤモヤする」

「自分らしい生き方がわからない」

と思っていました。

もし、あなたがわたしと同じように思っているとしたら、

はづき数秘術を活用して人生を自ら創る生き方がきっと役に立つ、そう思います。

【はづき数秘術とは】

古代ユダヤの数学者ピタゴラスによって体系化されたとされる「カバラ数秘術」

約2500年以上の長きにわたり、ユダヤ人の手によって、代々密かに受け継がれて来た「カバラ数秘術」は「人類最高の智慧」と呼ばれています。

この「カバラ数秘術」のメソッドをベースに、はづき虹映氏が大胆なアレンジと独自の編集を加え、

「統計学」「心理学」「成功哲学」などの要素も取り入れ、

さらにスピリチュアルなヒラメキも加えて、全く新しい智慧として現代の日本に蘇らせたものが、「はづき数秘術」です。

【はづき数秘術の魅力】

「だれでも簡単に使える」

わたしが10年前に学んだ「カバラ数秘術」は、正直なところ難しくて、理解できない部分がありました。

自分のことを知るには良かった、という感じで、その先がなかったんですね。

「はづき数秘術」はとてもシンプルでわかりやすく、簡単に理解できることに驚きました。

シンプルで簡単ですが、「こわいくらい当たる」と言われるくらい読み解けるんですよ。

足し算ができるなら、誰でも簡単に使える

これは大きな魅力です。

「数字を文字として読み解く」

例えば、「1」という数字には
どんなイメージがありますか?

「はづき数秘術」では、まずその形に着目します。

「1」はただの「棒」ではなく、上のカギ状に飛び出た部分が大切なんですね。

そのカギ状の部分は「矢印」を表していて、

そこから「まっすぐ突き進むエネルギー」と読み解くことができます。

また、形の元になっているのは「男性性器」であることから、

「1」は、トップ、スタート、はじまり、リーダー、推進力、行動力、男性性などを表す数字として読み解くことができるのです。

「2」は逆に、曲線が優しさを表す女性性の数字、その形は陰陽図(対極図)から表されています。

このように、すべての数字の「形」から意味を知ることができることも、魅力のひとつです。

「人生設計を立てやすい」

数字の意味を知ることができると、生年月日から自分の強みやウリ、苦手なことやチャレンジすることなどが分かります。

自分のことを知るだけではなく、周りの人のことも理解できるようになります。

また、時代の流れや社会の流れも知ることができるので、流れを知った上で、自らの人生に活用することができるのです。

「今年はどんな動き方をするのが良いか」が分かるので、人生設計を具体的に立てやすくなります。

運気の流れに乗って過ごせるようになると、過去への執着や未来への不安はなくなり、今を存分に楽しむことができるようになるのです。

【はづき数秘術を人生に活用する】

はづき数秘術で時代の流れをみてみると、

2008年から「女性性の時代」がスタートしています。

それまでの男性性の時代とは価値観が変わり、大切にすることが異なる時代です。

例えば、

男性性の時代は地位や権威、肩書や実績など、「目に見えるもの」で構成された、いわゆるタテのつながりの時代でしたが、

これから(今)の時代は、調和、共感、志、本質といった、「目に見えないもの」でヨコにつながることを大切にする時代です。

そして、2018年の今年は「つながり、動揺」の年

誰もが「つながり」を感じるような出会いに恵まれ、また、動揺するような出来事にも遭遇しやすくなります。

わたしの場合、
「つながり」を意識して過ごしていると、新しい体験が増えていきました。

祖父の大往生からはじまった今年

人生初の滝行にチャレンジしたり、

宇宙の成り立ち、自分はどこからきてどこに向かうのか、という人類永遠の問いに触れたり、

日本人として生まれた意味や、日本という国の役割について考えたり、

ビジネスを学びながら人生について学び、人間関係や健康、より良い生き方を意識するようになったり、

数ヶ月の間に刺激的なことがたくさん起こりました。

別々のことのようですが、
これらの出来事はすべて出逢いからつながって、一連の流れで訪れていると分かった時、

行動すること、人との出逢いの大切さを改めて感じましたね。

こうした流れを前もって知っていると、必要なことがベストのタイミングで訪れてチャンスを掴みやすくなるし、何か起きたとしても、必要以上に動揺することもなくなります。

時代の流れ、社会の流れを知ることは大切ですが、1番大切なのは、自分自身がどのように生きていくのか、個人の人生の流れを知ることです。

そして、自らその流れを創っていくことが、はづき数秘術を人生に活用するということです。

【人生が面白くなる】

「数字を文字として読み解くためのメソッド」であり、「究極の人間学」でもある「はづき数秘術」という智慧

その智慧を、ひとりでも多くの方にお伝えして、みんなが自分の人生を生きていけるように、ブログや講座を通して発信を続けています。

わたしの人生において、
こうして発信をすること自体が、はづき数秘術を人生に活用していくことにもつながっています。

というのも、
わたしは、人前で話したり、自ら率先して行動することに苦手意識を持っていたのですが、数秘術のこととなると、不思議と行動できるのです。

そもそも、わたしは
家にこもってゲームしたり、DVD見たり本を読んだり、何時間でもそうしていられるくらい、ひとりの時間が大好きなのですが、

数秘術をきっかけに「変化、成長」を意識しはじめ、積極的に行動するようになりました。

成長を意識して行動すると、新しい出逢いに恵まれるようになり、そのおかげで人と出逢うことの価値に気付くことができました。

はづき数秘術に出逢ったことで、人生が大きく動きはじめたんですね。

自然と移動距離や頻度も増えて、

埼玉から実家の広島まで、年に1〜2度だった帰省を今年は3回

長野にも遊びに行く予定があり、年末までまだまだ楽しめそうです^^

【さいごに】

貧乏人は占いにすがり
成金は占いをバカにし
大富豪は占いを活用する

もう「占い」を信じる時代は終わりました。

これからは「占い」を人生に活用する時代です。

あなたも、はづき数秘術を人生に活用して、自分の人生を創っていきましょう^^

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*